読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実逃避のエンタメブログ

忙しい毎日。楽しい事がしたい!違う世界へ!

Googleの「Chromecast Ultra」買った!【購入&使用感想】ミラーリング目的

あなたはテレビ派?動画派?

ここ数年、まともにテレビを見ていないんだよね。理由としては特に面白い内容でなくてもただダラダラと見続けてしまい、時間を無駄にしたと思う事が多々あったから。

そして、今はほとんどネットでの動画、YouTubeを見て過ごしている。ある意味不健康な気もするが…

しかし、ネットは自分が見たいものを自分で探して観る為、時間を無駄にしている感が無い。調べものや音楽を聴いたり、ネットサーフ(いつの間にか死語になってるね)したりと有意義に過ごしていると自分では思っている。

しかし、一点だけダメな事がある。それは椅子。デスクのモニターを見ながら座り心地悪い椅子に延々座っている俺。ケツが痛い。

そこで何かテレビで観れる様に出来ないものかと考えたのがスマートテレビやストリーミングデバイスと呼ばれる商品を使おう!ってことに。

多分、おおよその人の購入目的は「動画サービスをテレビで見る事」ではないかと思うが、俺の購入目的は「ミラーリング」を利用しパソコンで見ているYouTube以外の動画サイトを楽に観る事。なのだ。

ソファに座って観れる何かデバイスが欲しい

そこで上がったのが「AppleTV」「Chromecast」

どちらもミラーリング可能だったが、どちらかというと、この二つは既存の動画サービス(YouTubeNETFLIX)等を利用してテレビで観れるという事を前面にだしていて、ミラーリングについてはかすめる程度でしか説明がない。

・アップルは本体に機能やアプリをダウンロードして使用。

・クロームキャストはWi-Fi接続でアプリを中心に仕様。

・でも、どちらもストリーミングは一応出来る。

では、AppleTVとchromecastではどちらを買おうかと考えたとき、Appleは高いの一言。chromecastはWi-Fi仕様で不安。

そもそもネット速度が不安定でコールオブデューティーのオンラインマルチプレイをしていても、アンテナ2、3本でラグ負けしてたので、その後、速度の速いサービスへ移行したのだが、念のためLAN(有線)接続でプレイしている。

そんな感じで自宅のネット環境を信じられないので、有線で繋げればそもそも問題ないなと思ってたところ、「chromecast Ultra」の販売予告!キター!!しかも4K対応!有線接続で安定!ときた。

そして価格は断然chromecastの方が安い。

・Chromecast Ultracast 

 9,720円(税込)

・AppleTV

 15,800円(税別)/32GB、

 20,800円(税別)/64GB

こう見ると表示方法としての「税込」と「税別」の響きの違いは心にくるものがあるね。

ま、実はうちのテレビは4Kでもないので、製品自体が4K対応であってもうちではその機能を100%引き出せないんだけど、説明によるとテレビ本体の最高画質に自動的に最適化するようだ。それなら迷わずchromecast Ultraを購入。

さて、ここまで長くなったが開封の儀から使用方法は下記の通りとなります。ミラーリング目的としての仕様ですので、よろしくです。

f:id:escapefromreality:20170406034035j:plain

ウルトラー、フンフフーン♪

f:id:escapefromreality:20170406034850j:plain

つやっつや!

f:id:escapefromreality:20170406034937j:plain

f:id:escapefromreality:20170406041611j:plain

 本体とイーサネットポートつき電源アダプターと説明書が同梱。本体裏とHDMIは磁石で付着。

これらの接続は簡単。

【接続手順】

1)HDMIをテレビに直接接続。

2)もう片方のマイクロUSBを電源アダプタと接続し、コンセントへ。

3)LANケーブル電源コードのを各コネクタと接続する。

これで準備OK。

次は、テレビをつけて「HDMI入力」へ接続確認。自動で変わるかも。

次はミラーリングYouTubeを簡単に観るために、グーグルストアまたはアップルストアから本製品のコントロール兼、管理アプリ「グーグルホーム」をダウンロードしよう!

f:id:escapefromreality:20170406041828j:plain

アプリストアへ

f:id:escapefromreality:20170406042542j:plain

アプリの指示通りに作業を進めていけば、下記表示になる。

f:id:escapefromreality:20170406042718j:plain

あらかじめ動画配信サービスアプリは入れておこう。YouTube、Abema、Nexflix、hulu、GYAO!等。

それではまずは動画配信サービスを利用する為に、グーグルホームのアプリを開いてみよう。

【アプリ使用・動画配信サービス利用】

f:id:escapefromreality:20170406042840p:plain

こんな感じでまとめ状態で表示されるので見たい動画をクリックすれば、簡単に観れるよ。今月から始まった「進撃の巨人SEASON2」はギャオで配信しているので、放送対象地区外の人はおすすめ。

そして、右上に表示されているマークをタップするとテレビに自動的に接続される。

f:id:escapefromreality:20170406043311p:plain

うちの地域は対象外だったので、これで高画質で観れるわ。ソファで。うひゃひゃひゃ。

次はPCから観る場合

ミラーリング】 

まずはパソコンのブラウザを立ち上げるんだけど、クロームを使おう!Firefoxを今まで使っていたがやっぱり重いし、クロームなら本製品と相性も良いので、無い方は是非、クロームをダウンロードして使おう!

f:id:escapefromreality:20170406045535p:plain

それではPCのストリーミング動画をテレビで観る(キャストする)手順。

1)chromeブラウザのメニューを選び、下に行くと「キャスト」という項目があるので、それをクリック。

2)すると真ん中にchromecastを選択①(表示名を変更できる)

f:id:escapefromreality:20170406045658p:plain

次に②のアイコンをクリックすればテレビに同じ画面が表示される。

f:id:escapefromreality:20170406045808j:plain

ででーん!画質も文句なし!スムーズに映像が流れるし、全く何も困らない。ちなみにアマゾンプライムの映像をこのようにテレビでも観れる。

Ultraしか持ってないので比較はできないが、評価としては、全くの問題なしで★★★★★!ってとこかな。有線なので途切れたりする事もないし、高画質で観れる。それ以外では背景を選び、スクリーンセーバー的な使い方も出来る。とにかく重要なポイントは2つ。

・有線接続により安定して使える

・PCで観れる多くの動画ストリーミングサイトがPCで観れる。

是非、お勧めなので購入時の参考にしてみて!

最後にもし内容を楽しめて、少しでも参考になったなと思っていただけましあら、下記設置ボタンの「いいね!」の★をクリック!またはシェアしていただけると嬉しい限りです。

ほんじゃ、バイナラ! 

 

escapefromreality.hatenablog.com 

escapefromreality.hatenablog.com

 

 

【PS4】おすすめゲーミングヘッドセット【KINGTOP ヘッドホン K12シリーズ】を購入&使用感想

俺はゴースト…ではなく、昨日届いたゲーミングヘッドセットの使用感想を綴りたいと思う。

購入したヘッドセットは【KINGTOP ヘッドホン K12シリーズ】

以前、YouTubeでこの製品を紹介している動画があったのを参考にさせてもらったんだけど、今までゲームヘッドセットについて考えた事もなかったので、とても良い参考になった。

今までコールオブデューティー インフィニットウォーフェアーやその他のオンライン系ゲームをプレイしていても、ボイスチャットはいらないなと思ってた。ボイチャをしている人って実況者以外は大体暴言吐きのおこちゃまくらいしか使っていない印象だったので、俺はいらないなと購入とはほど遠い位置にいた。

しかし、ゴーストリコンワイルドランズを購入するにあたり、協力プレイが面白いと言われる今作ではヘッドセットを買って使ってみようと決心。

Amazonで購入した商品はこれ(アマゾンの申し子状態になってるけど、実際アマゾンで買ったので、紹介ね)

 

 この商品の詳細はアマゾンの商品紹介見ればわかるので、ここでは使用感を書きたいと思う。

まず、開封の儀として、届いた様子。

f:id:escapefromreality:20170330200407j:plain

ビニールで段ボール板に固定されて送られてきたので、揺れや衝撃には問題ないと思う。無駄にでかい箱ではなかったw

f:id:escapefromreality:20170330200511j:plain

商品裏面。まぁ、個人的にはこの表示見てもピンとこずw

f:id:escapefromreality:20170330200523j:plain

商品を実際手に取り見た最初の感想はピカピカで綺麗w このメッキも説明によると「電気メッキ」とあるがその電気メッキとは何ぞや?と思う方がいると思うので、下記にて説明。

通常のメッキと違い、

・金属感がある、感触がある

・耐熱性がある

・耐摩耗性がある

・耐汚染性がある

 

要するに持ちが良いという感じかな。短所もあるんだけど、使用においての問題ではなく、加工等、素材としての短所なので関係ないと思い割愛。

f:id:escapefromreality:20170330200552j:plain

イヤーバッドは通気性が高く、しかもクッション性が高いので、長時間つけても蒸れない。しかも軽い!!

特に締め付けがゆるくもなくキツくもなく程よいフィット感。音楽リスニング用のヘッドフォンってここまで軽い印象がない。むしろ圧迫感があり、耳が痛くなるので、現在ヘッドフォンではなく、イヤフォンを使用している。

でも、このキングトップK12シリーズは楽ちんという言葉がぴったり。

f:id:escapefromreality:20170330200616j:plain

梱包内容としては説明書、ヘッドフォンに繋がっているボリュームスイッチ、そしてPC等につなげる二又のコード。

f:id:escapefromreality:20170330204336j:plain

PS4での使用がメインなので、コントローラーに直接接続。

f:id:escapefromreality:20170330200712j:plain

手元のリモコンはデカいとは思ったが握ってみるとしっかりと手のひらサイズの握り具合が良い。親指のあたり(本体横)に上下するマイクオン/オフスイッチがある。ここで切り替えられる。

コードの長さは50cmくらいかな。装着した状態でちょうど腰のあたりに来る。個人的には座って使ってても邪魔に感じない。まぁ、人それぞれだけどね。

f:id:escapefromreality:20170330204756j:plain

マイクは「ノイズキャンセリングの高集音性マイク」との事らしい。マイクを確認するほど使ってないので、詳細として書けないけど、ヘッドフォン本体からは取り外し不可。でも、アームが柔らかく全く邪魔にならない。顔の外側に向ければ良いだけのこと。アームは柔らかいのにクタっとしていなくてしっかりと固定出来る。

f:id:escapefromreality:20170330205749j:plain

プレステのコントローラー接続での使用の場合:マイクの音量レベルの調整プレステの「設定」→「周辺機器」→「オーディオ機器」→「ヘッドフォン出力」→「全ての音声」にセット。マイクを通して声を出すと画面の入力音量のバーが右にビョンビョン延びるので、「大きい」というラインは赤色になるので、その手前までくるように下のマイクレベルのスライダーを調整してね。

これでマイクオンでゲーム内BGMも聞きながらプレイできる!

【音質】

これはかなり驚き。凄く細かい音まで聞こえるのに、どの音も埋もれてなく、楽器一つ一つが綺麗に聞こえる。混濁なくクリアに聞こえる上に、バランスがとても良い。リバーブ等の音の響きも空間を感じれるほど響きが良い。トランス系音楽も十分楽しめる。

ゲームプレイでは、足音が良く聞こえるし、BGMもきちんと聞こえ、しかも薄っすらと遠くで聞こえるような音までもしっかりと聞こえる。これ不思議な気持ちになる。音が大きくても小さくても近くの音でも遠くの音でも「クリアに聞こえる」

ちょっとゲーム用ヘッドフォンを舐めてたわ。

しかも値段は3,980円

自分の中ではイヤフォン購入時に購入基準があって、まず耳障りの良い音質で聞こえる事が必須。キン!とかシャリシャリ!とそこだけ目立って聞こえて頭が痛くなるような調整をされたイヤフォンは絶対に買わない。

また際立って低音がブーストされているようなものも買わない。オリジナルの音は基本的にミックス時にバランスを考えて制作されているので、そこがわからなくなる。ドゥンドゥン響いてりゃいいわけではないのだ。

この【KINGTOP ヘッドホン K12シリーズ】はとてもバランスが取れているのに音一つ一つが良く聞こえる優れた代物。

昨日まで聞いていた曲をこれで聞いてみると「あれ?こんな音あったかな?」いうくらい新鮮に聞こえるよ。ほんとにw

重低音重視の人にはお勧めしない。ちょっと物足りないかも。まぁ、重低音重視は音楽優先の人だと思うので、その場合は音楽用をちゃんと購入した方がいいと思う。

ただ言えるのは、通常1万円するくらいする高価なヘッドフォンに期待すべき点が4,000円以下で手に入るなら絶対にこれを買うべし。

音楽関係でいうのであれば、自分で作曲、ミックスをしている人にはお勧め。その手の人に必要なのはバランスよく音を配置してデフォルトの音量調節が必要だと思うので、このヘッドフォンはお手頃価格で高品質。リバーブの効き具合など音の奥行きも調性しやすいと思う。

 

ただ、現時点で残念だと感じる点もある。

※プレステ用として使用の場合限定。

 

【残念な点①】

この商品に限るのか他でも同じなのか、全体的なボリュームが小さいかな。プレステ設定画面で調整しても、手元のリモコンでボリューム最大6にしても今まで出してた音量に達しない。

小さくはないけど、もっと出したい気持ちになる。ネットで調べても欲しい答えが探せないので、こんなものかと諦めてるけど。

なんか方法ある?あれば誰か教えて~。

 

【残念な点②】

この商品はアマゾンヘッドセットランク1位のK11の新機種K12なんだけど、性能としては11よりは良いんだと思う。では何が残念なのかというと、下記をご覧ください。

K11:

ゲーミングヘッドセット PS4 KINGTOP ヘッドホン K11シリーズ 3.5mm コネクタ 高集音性マイク付 マイク位置360度調整可能 ヘッドアーム伸縮可能 最高音質 耐摩素材 プレイステーション4 PS4 Xbox One タブレット ノートパソコン iPhone スマートホン などに対応

 K12:

ゲーミングヘッドセット PS4 超軽量 KINGTOP K12 ゲーミングヘッドフォン 大音量 高音質 プレイステーション4 ヘッドホン 電気メッキ材料採用 マルチ機能付き ノイズキャンセリングの高集音性マイク付 プレイステーション4/デスクトップPC/ノートパソコン/MacBook/タブレット/スマートホンに対応 13ヶ月の安心保証

 最初は気づかなかったけど、iPhoneでは使えないのだ。多分、意図するところはiPhone7系。

K11は2016年版でiPhoneはまだ6系に対応していたんだと思うが、K12ではスマホOKでも、iPhoneは記載されていない。

俺はiPhone7を使っていて音楽はいつもそれにイヤフォンを挿して聞いている。

では7で聞いてみるとどうなったかというと、音が切れたり、ボリュームに上下の波があり、まともに聞けたもんじゃない。

まず、表記通りの接続確認をしてみた。

Macbook Proは問題なし。

Windows系ノートバソコン問題なし。

となると多分iPhone6は大丈夫じゃないかと思う。

問題はイヤフォンジャックかと。

7から廃止され下記画像のアダプタをピンに接続して使用しないと聴けない仕様になった。

f:id:escapefromreality:20170330201337j:plain

 多分、iPhone専用アダプタと相性が悪いのかな。最初はピンの横線がステレオのラインと音声の3本目があるピンでは対応せずに不具合が起こるのかと思ったけど、それ以前にアダプタ本体との問題なのかな。

というわけで、諦めるべしw そもそも商品紹介でiPhone表記が無いのは、当たり前にその不具合を把握しての事だと思う。

もしiPhone7ではあるけれど、このヘッドフォンを使って音楽を聴かないから別に気にしないという方は是非、ゲームで使って楽しんでください。満足出来るから。またPCにさして音楽を聴くのもありですよ!iPhone7以外はね(´▽`)

 

結論としてコスパ高し!!ノイズがあるという人もいるけど、それは初期不良だと思う。

俺が使っている現時点ではノイズは全く無いし、クリアに聞こえる。とても気に入ったよ。

キングトップさんは不具合に対する対応も迅速で良いようなので、心配せず購入してみてはと思います!

 それではまた。

 

escapefromreality.hatenablog.com

escapefromreality.hatenablog.com

 

 

 

【ゴーストリコンワイルドランズ】13時間ベンガジの秘密の兵士を観よ!

兄弟たちよ。君は元ネイビーシールズか?レンジャーか?

俺はゴースト、痕跡は残さない。

いや、残しまくり。

 

さて、ゴーストリコンワイルドランズを楽しむ為に、前日譚を観ようと登録したアマゾンプライム。お陰でゲームプレイではさらに没没入でハマりまくってるワイです。

せっかく登録して30日間は無料で観れるので、他の面白そうな映画を探してたらレンタルDVDで気になってた「13時間ベンガジの秘密の兵士」がリストアップされた。

おお、丁度気になってた映画だ!

ただねぇ、タイトルとジャケットだけ見ると沢山あるB級映画の一つかなーと躊躇していたのも事実。ベンガジって何??とか思ってた。しかも秘密の兵士って、タイトルの付け方がダサいとか思ったり…wしかし、ベンガジでピンとこない俺は、自分が世界情勢に精通してない事が露呈したねw まぁ、そういう風に思ってたので、お金出してみるのもなーとか思ってて。

それで、今回無料で観る事が出来たんだけど、これは驚き。

かなりの良作ではないか!

凄い面白い!ジャンルとしては、ローン・サバイバーや、伝説のスナイパー:クリス・カイルを描く「アメリカンスナイパー」と同レベルの実話映画の良作!

そう、この映画は実話。2012年のリビアで起こったアメリカ在領事館襲撃事件での戦いを描いた戦争アクション映画

当時、リビアの湾岸都市ベンガジ(バンガージー)は世界でもっとも危険な地域と言われた場所。

ベンガジでは。あまりの危険に大使館スタッフほとんどが安全を考慮し帰国させられ、クリストファー・スティーブンアメリカ大使、そして2名の警備員を中心とした地元警備員だけが残り、かなり手薄な警備状況での領事館。リビア地元民との友好関係は大事であるとメディアを通してアピールする大使。

しかし2012年9月11日、アンサール・アル=シャリーアの武装集団によって突然領事館を攻撃されてしまう。その日は意図的なのか9.11の貿易センタービルテロと同じ日だった。

実はアメリカ領事館の近くにCIAの秘密基地があり、常にベンガジの情報収集を任務とした基地が存在した。

その基地を守るのが民間軍事請負業者のチーム「G.R.S.(グローバル・レスポンス・スタッフ)」6人からなるチームで、シールズ5名、レンジャー1名、出身の猛者からなるメンバー。彼らは基地同様、「存在しない」人間たち。

そして領事館が襲撃された夜、大使救出を要請されるが、軍も動けない、誰も助けにいけない緊迫した状況で、「存在しない」G.R.S.が起ち上がる。

映画で始終感じられる緊張感や誰が敵か味方わからない焦り、そしてスナイピング。見どころ満載。

その攻防と救出の13時間を描いた映画「13時間ベンガジの秘密の兵士」を何故、俺は勧めるかと言うと。映像で見る人の動き、人物、地元反乱軍、武装集団、車での攻撃を受けながらの逃亡、スナイピング、爆破、建物の雰囲気(もちろんボリビアリビアでは違うが他のFPSゲームをしていればわかる)まるでゴーストリコンワイルドランズをプレイしている状況がリアルな映像となって見ることが出来るからだ。

ああ、ゲームのあのシーンはリアルだとこうなんだなとか唸りながら観てしまう。

しかも、これらは過去に起こった事実だという事。それを今、ゲームの世界ではあるが同じような事を自分もゲームを通して体験している。なにか考えさせられるものがあるな。

登場するG.R.S.メンバーの容姿も逞しい体格とカーゴパンツとTシャツの服装やサングラス。ゲームのキャラクター作成でそのまま。DVDレンタルもいいけど、アマゾンプライムなら高画質映像で、しかも無料で観れる。

これを観ればさらにゴーストリコンワイルドランズの世界に入り込める事間違いなし!損はしないよ。それではまた。

チャオ!

 

escapefromreality.hatenablog.com

 

escapefromreality.hatenablog.com

 

 

【ゴーストリコンワイルドランズ】前日譚ショートムービー:リッキー・サンドバルの物語

私はゴースト…

このブログの最初の記事にアマゾンプライムでゴーストリコンワイルドランズ本編の24時間前の物語を軽く紹介したけど、俺もまだ見てなかった。

アマゾンプライムが30日間無料(いつでもキャンセルOK)で利用できるので、紹介したゴーストリコンワイルドランズ WITHIN THE CARTEL 」カルテルの中の戦争(争い)を見た。

f:id:escapefromreality:20170314221131j:plain

この30分程のショートムービーは、見ても見なくてもゲームに支障はないんだけど、感想としては、絶対に見るべき!!これを見ずにゲームプレイをした場合は、ただ潜入捜査官が拷問され殺害されました。ゴースト投入のきっかけとなるんだけど、このショートムービーでは、どのようにゴーストが投入されるのかがよくわかる。

没入感が半端ない。

また、リッキーというキャラクターが物語の進行にどうつながってくるかがわかる。本編に入ると、潜入7年間の最後がキチ〇イカップルによる延々と拷問された末に殺害、捨てられるという悲しい結末。哀れすぎるよリッキー。しかもゲーム内のリッキーよりもかなりイケメンさん。

このムービーに登場する役者もそこそこ知名度がある俳優が多い。

 こうやって実写化されると麻薬カルテルという組織や、そこに生きる人々、そして悪に対する罪悪感や問題を全く感じない人間がその組織を動かしているという事に気付かされる。

映画だからではなく、実際麻薬カルテルやテロ組織はそういうものだろう。日本に住んでいるとやはり海外の様に死や犯罪と隣り合わせではない生活をしているので起こる事全てが映画の様に、ドラマの様に、漫画の様に、アニメのように「エンターテイメント」の一部分であると無意識のうちに認識しているのかもしれない。

でも、こういったことは世界で実際に起こっているし、多くの人が死んでいる。日本ではそういった悪と対峙する特別な組織はない。だからこそ、ネイビーシールズやレンジャー部隊、ゴーストといった自分の命よりも、仲間や悪の根絶の為に活躍する人々には尊敬の念を持つよ。

別にアメリカ軍万歳!とかでなくて、日本人が同じ事できないし、日本の部隊が海外で命をかけて戦ってるわけでもない。そうすべきだとは思わないけど、みんなが出来ない事を人知れず命をかけて活動している人たちが実際に存在している。それを事実として受け入れる事はとても大事なことじゃないかなと思う。

まぁ、FPS系やミリ系ゲーム好きなら誰もが憧れるし、カッコいい!と思われる対象であるわけだしね。リスペクト!

それじゃまた。

 

escapefromreality.hatenablog.com

escapefromreality.hatenablog.com

 

 

【ゴーストリコンワイルドランズ】製品版をプレイしての感想・評価

俺はゴースト・・・

というわけで、やっと更新出来る。結構をぶっ続けでやり、用事を片付けて、バタバタと動いて今に至る。

ふぅ。

さて、今回はいくつか気になった点をプレイしての感想・評価としてかるーくまとめてみた。そう、あくまで軽ーくね。

【予約購入特典】

予約や初回限定版など特典がついてる時に買うのがお得。それでは今回俺が購入したパッケージに入ってるいる特典は下記内容だった。

1)初回生産限定特典

       追加コンテンツプロダクトコード(ペルーコネクション)

2)2時間XPブースター

3)ドラゴンエンブレム(バックパックやシャツに着けるパッチ)

4)EXCLUSIVEGAME SOUNDTRACK

※サントラにウェブCMとかプロモーションに使用されていた曲が収録されていなかった(曲名わからない)残念。

f:id:escapefromreality:20170312210514j:plain

インストール時に表示されるゴーストになる為の条件や情報が流れる。事実のあり、本作品の設定としての説明も混ざって詳細されてるかな。

f:id:escapefromreality:20170312204853j:plain

【グラフィック】

オープンベータから始めて、クリア後、製品版をプレイしてみた最初の感想はとにかくグラフィックが十分に満足出来るレベル。f:id:escapefromreality:20170312204759j:plainダウングレードの懸念もあったと思うけど、例としては、ディヴィジョンが製品版を買ってプレイしてみるとダウングレードしてるじゃーん!って感じで話題になってたみたい。

それで、ゴーストリコンワイルドランズはどうなんだ!?と色々とささやかれていたんだけど、個人的見解では全くダウングレードしてませんぜ。

それだけオープンワールドの景色を楽しんでもらいたいという本気なんだろうね。グラフィックは今回の「売り」の一つだろうね。特に空のグラデーションが際立つね。光と影のコントラストもそう。自分のテレビが液晶ってだけで、綺麗だけどやっぱり4kテレビでプレイしてみたいなと思う。

f:id:escapefromreality:20170312205032j:plain

PS4のグラフィックでも十分なほどに綺麗だし、PCだともっと綺麗かな(グラボの差はあるだろうけど)それがPS4Proだと4Kレベルの綺麗さなんだろうね。それに対応していると記載されていたし。なので、現時点で各々のベストに楽しめる環境があればそれで楽しめると思う。

【キャラクターカスタマイズ】

これなかなかイイよ。カスタマイズできるって愛着湧くし、自分のキャラが即、イントロムービーで登場するのはなかなか演出だよ。

今まででキャラクターカスタマイズの自由度が高いゲームは前回にも書いた「マスエフェクト」体のでかさまで変えられるのはいいよねー。本作もプレイ前からキャラ作成をしながら早くプレイしたい!と気持ちを盛り上げてくれたね。

f:id:escapefromreality:20170312204922j:plain

【ガンスミス】

ゴーストリコンの売りの一つが細かくパーツ設定が出来る事。武器の多さなど、好きな人にはたまらないガンスミス。拾って武器を増やすことも出来るので、プレイ中に自分がまだ持ってない武器があれば拾っておこう!ただ、拾い物はガンスミスでパーツ分解出来ないのでそこは残念。 

f:id:escapefromreality:20170312204938j:plain

【プレイ時間】

あの… ほら、既に本ゲームをクリアしたと動画が上がってたりするけど、ホントひたすらこのゲームをやってたんだろうなぁと思った。ま、俺も気が付いたら12時間やってて、倒れるように寝たし・・・w それだけハマるんだろうね。

12時間もプレイしたのに、まだ末端ボスエリアを一つと、他ボスエリア2つをまたいでる最中。ホントにストーリーを早く進めて終わらせるなら、ある程度のレベルをあげつつ、余計なものは切り捨てながらギリギリで進めてるんじゃないかなぁ。俺はせっかくなので片っ端からアイテムやレベルアップのスキルポイントを探したり、ミッションをクリアするように動いていたんだけど、それだとクリアなんて銀河系の彼方くらい遠いわ。

f:id:escapefromreality:20170312205128j:plain

でも、長くプレイが出来るゲームこそが、俺が求めていたもの。最強のゴーストを育てて、世界観に浸りながらボリビアを旅するぜ。

【操作性】

キャラクターの操作性はそれなりに良いと思う。ま、俺が上手ではないだけの話。ただ、移動手段となる車、バイク、ヘリ、セスナは難しい。車はタイムリミットや急いで追いかけないといけないミッションでは焦って道から外れてしまい、崖を転がり落ちて進んでいったり、岩の間に挟まってしまったりとウケるけど、難しい。ただ、ヘリは一番使用頻度が高く、使っているうちに慣れてくるよ。ただ、セスナはねぇ。ありゃ、難しい。後半になればきっとセスナ自体が移動手段になる機会が増えてくると思うので、そうすればヘリのように慣れてくるかも。

CO-OPプレイ】

4人チーム編成でゴーストメンバーとして協力プレイがオンラインで出来る!全く見知らぬ人とプレイするのは人見知りする俺にとってはなかなか踏み出せない事なんだけど(嘘)いやー、プレイしてみるとマッチングは問題なし、ただ、お勧めとしては、やっぱり友人と一緒にプレイするか、またはちゃんとヘッドセットを購入してボイチャ出来るようにしたいかも。

意思の疎通が全く出来ないのが基本w だから、ある程度概念としてこのゲームはこうしていく方が楽しいよ、うまくいくよという基本スタイルを考えながらプレイしないと、好き勝手なことされたり、死んでも助けてくれいないし、一人でプレイしてるのと同じじゃん!と思ったりする。やっぱり意思疎通が出来て目標まで共に戦う!俺たちはゴースト!と言ってプレイしたいね。

あと、ゲームも発売されて間もないので、大体の人が車の運転に慣れてない様子。それでいざ出陣!!となった時、明らかにメンバー全員運転席に座るのを躊躇してるわけw お先にどうぞ、いやいやあなたが運転してくれる?みたいな声が動きを通して聞こえてくる感じw あ、これじゃ、キリが無いと思い、率先して「俺が運転じゃー!」と全員乗り込み、アクセル踏んで「ぅおおおお!」と進むとカーブ曲がり切れずに崖から転落w

ミッションタイムリミットとなり、スタート地点からやり直し。じゃ、今後はお前だ!と心で念じ自分は動かず助手席に座る仕草をしているとメンバーが「じゃ、俺が」と言ってるかは定かでないがそう聞こえた気がして、「ぅぅおおおおお!」とその人も気合い入れてアクセル吹かし前進すると木に激突!とか。大爆笑!!全員マイクないのに「ゴメーン!ゴメーン!」とか言ってるなこりゃと一人テレビの前で大笑いしてたよ。これがボイチャしながらだったらもっと楽しいのになーと思いながら。 

※車はぶつかると最初はあっという間にボコボコになるけど、馬力はすんごい。丘でなく大きな山も、75度くらいの斜面も直進なら登りきるボリビア販売の車両)車が破壊されて爆発を起こして死ぬことはある。

【見逃さないで欲しいポイント】

車を運転すると地元ラジオが流れてくる。歌が流れたり、DJの話やインタビューがあったりする。でも、これ聞き流さずにちゃんと聞いて欲しいかな。このラジオは麻薬カルテル組織から発信しているラジオ。カルテルメンバーがインタビューに応じたり、今後の展望語ったり、敵ボスはどんな人物かというのが見えてくる情報源の一つ。ある意味面白いので聞いてみて。

さて、今回はここまで!

チャオ!

 

escapefromreality.hatenablog.com

escapefromreality.hatenablog.com

 

 

【ゴーストリコン ワイルドランズ】発売!!!

キタキタ!!3月9日 ゴーストリコン ワイルドランズ本日発売!!

 いやー、待ちに待ったゲームが発売!簡単に終わらないゲーム!

f:id:escapefromreality:20170309194227j:plain

 前作ゴーストリコンフューチャーソルジャーからプレイしたんだけど、ストーリーも良かった!

 そして、一番入り込めたのは実写PV。あれを見たら世界観がよくわかるし、感情移入しやすい。スパイ映画を見ていつつも続きはゲームで!ってね。その通りにやりましたよw

ちなみにその動画はこれね。

かっこよすぎ!

そして、新たなゴーストが任務に就く!

f:id:escapefromreality:20170309194239j:plain

ボリビアの麻薬カルテルの殲滅任務!やっぱり現代の大きな問題を取り扱う事でよりリアルに描写出来る。まずプレイ前の情報として今回の新作「ゴーストリコン・ワイルドランズ」は実際の麻薬カルテル関係者とのインタビューや取材を経て完成した作品。その様子がこれ。

このドキュメンタリー見たら気軽にボリビアに行くとかおもわないよね。紛争やテロが活発に活動しているエリアは知っておかないと旅行行って巻き込まれるからそこは知って損はしないよね。現実に起きている事。日本にいると全てが映画のようで他人事。

でも、知らなければいけない。そう思うよ。

 

実はベータ版はダウンロードしてクリアしたんだよね。もう最高!ま、ベータ版なので頻繁に接続が切れて落ちたけど、製品版でそれはないでしょ。…きっと。

そして、フューチャーソルジャー同様に実写PVが今回も出た。ショートバージョンはこれ。

 

 そして、本編前日譚として、「ワー・ウィズ・ザ・カルテル」が32分の映画化。ゴーストたちはどんな敵と戦うのか?この前日譚が本編冒頭とどうつながるのか!?自分の目で確かめてみよう!!

 持っているのはプレステ4Proではないけど、とにかくベータ版をプレイして思った事は映像、キャラクターの動き等が綺麗!しかもマップも超広いし、カルテル組織を殲滅するには大勢の敵とエリアをクリアしないといけない事。

でも本作は簡単にクリアは出来ないだろうけど、それが良い!今までこういったゲームをプレイしても「あー、もうすぐクリアだな。このゲームの世界から出なければいけないのかぁ」と落胆するような想いを続けてきた。

COD IWをプレイしても「ああ、もうすぐ終わってしまう」と思いながらクリアした。今まで長い間ストーリーに没入できたのは、「マスエフェクト」だね。シリーズ化してキャラクターとも長い付き合いが出来たし、終わりは感動すら覚えた壮大な物語。その充実感をこのゴーストリコンワイルドランズで体験できる!はず。

さて、明日からプレイ開始といきますか!

それでは今日はここまで!

 

escapefromreality.hatenablog.com

【現実逃避告知】久々にブログを書く

久々に書くブログ。初めましてワイです。

ずっと前からブログというかその言葉が無い時代(ホームページ)に趣味をメインに記事を書いていました。よく頑張ってたなーと思う。

楽しかったし、仲間も沢山出来た。

 

さて、ここ数か月、自分の好きなことを誰かに発信したい!周りに共通の趣味を持つ友人がいなくて・・(泣)それで同じような想いの人とつながりたい!(ま、つながる事にブログが適しているかは別としてw)との思いからブログを始めようという気持ちになった。

 内容としては、普段の生活では味わえない体験をゲームや映画を通して感じたり、今流行りのワード「没入感」が楽しむには一番大事じゃないかなと。

それでこのブログを「現実逃避のエンタメブログ」とタイトルを付けたんだけど、まぁ、ここではゲームや映画など、個人的にはまるものを綴っていけたらと思ってます。

 

ゲームではFPS系ゲームが好きで、今プレイしているのはコールオブデューティーインフィニットウォーフェアー(IW)です。バトルフィールドもやりましたが、個人的にはCODが好きですね。

f:id:escapefromreality:20170308165626j:plain

もちろん、マルチプレイもやってて、ボロボロの結果にイライラしながらプレイしていたんだけど、やっと最近楽しめるようになったかな。イライラしてやめようとするが、次こそはっ!!と燃えて再チャレンジ。

上手い奴らはみんなチートだっ!と思っていたんだけど、やっとそこそこ自分自身少しは生き残れるようになってきたので嬉しい。やっぱりうまい人のプレイを動画で見るとただ突進するだけじゃない他の技術ってあるんだなと気づかされたw

上級者による解説動画はすごく有り難いね。

 

さて、FPS系のゲームだと結構マルチを中心にプレイする人が多い様に感じるんだけど、自分の場合は、キャンペーン重視。ドラマチックなストーリー展開に非日常を感じ、その中で自分が主人公と同じ経験をする。これが楽しいんだよねえ。

IWのストーリーは未来の宇宙艦隊や惑星間を移動するような話でこれはCODじゃない!という人もいるけど、別に楽しければいいんじゃない?と思う。

実際、ストーリーは良かったしね。

それと重要なのはキャラクターデザインというかグラフィック。

とにかくCODシリーズは登場人物がカッコいい。

実際にいる俳優をベースに作ってるから表情や感情表現がしっかりと見れてとても良い。あ、この俳優知ってる!って感じの楽しみ方もあるよね。映画を見てるいるような感覚。そしてその中で自分がプレイして入っていく楽しみ。

これが最高なのだ。

 

ここで他にも語れば過去作には沢山あるけど、とりあえずブログのテーマと自分の興味がどこにあるかを最初に記事として残せればいいな。

という事で今日はここまで!

と言っても明日はフフフ、いよいよ発売だね!アレがっ!!

escapefromreality.hatenablog.com